« 脳を活かす勉強法 | トップページ | からだが かゆい »

2008.04.01

ニッポン経済の「ここ」が危ない!

ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室 Book ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室

著者:竹中 平蔵,幸田 真音
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

必ず読むこと!

前の茂木健一郎著『脳を活かす勉強法』に続いて衝撃的な内容です。
ニッポンがかなり危ない!

 

ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室

      

買ったきっかけ:
竹中平蔵の本だから

感想:
必読図書

おすすめポイント:
この値段でこの内容なので、必ず読んでほしい。

ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室

著者:竹中 平蔵,幸田 真音

ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室

|

« 脳を活かす勉強法 | トップページ | からだが かゆい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443865/12161455

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン経済の「ここ」が危ない!:

» 白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき:ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室 [本読みの記録]
ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室作者: 竹中 平蔵出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/02メディア: 単行本 竹中平蔵と幸田真音の対談本。 タイトルには「最新版」とあるが、出版は2008年で、安倍政権から福田政権に変わった頃の話。 なのだが、今読むと妙に含蓄に富んでいて、竹中平蔵のすごさがよくわかる。 地方の中堅企業オーナーでもある麻生政権の旧態依然とした経済政策と、労働組合に支えられた社会主義志向の鳩山政権を経験した今読むと、非常に楽しむことが出来... [続きを読む]

受信: 2010.04.01 23:11

« 脳を活かす勉強法 | トップページ | からだが かゆい »